rappappanekoのらっぱ日記

あおいのトランペットよもやま話

おうち音楽時間におススメ!推しラジオプログラム

ずーっと聴いていたいやつ!今はネットで聴けて、オンデマンドアーカイブもあって、便利やな〜♪

歴代の素晴らしいミュージシャンがいっぱい聴ける!ニューオーリンズのラジオ番組おススメです♪

Cubes for Jazz Festing In Place 2021 | WWOZ New Orleans 90.7 FM https://shar.es/aoBGSO

 

 

 

アーカイブもあるので、少しずつ楽しんでます♪
プログラム内容、見るだけでもよだれが出そうなラインナップ♪

 

f:id:rappappaneko:20210505001557j:image

 

ニューオーリンズのFMラジオにて

Jazz Festing In Place 2021  アーカイブでまだまだ聴けます♪

素晴らしいミュージシャンばかり♡ おうち音楽時間にオススメです〜。お聴き逃し無きよう、リンクはこちら!

wwoz.org/listen/archive/.

#JazzFestingInPlace

 

 

ニューオーリンズのラジオ #wwoz

アーカイブで聴く Jazz Festing In Place 2021ドライブシーンにもベストマッチ!

ジャズはもちろんブルースにザディコ、セカンドライン…盛り沢山で飽きない

wwoz.org/listen/archive/.

#JazzFestingInPlace

 


デルフィーヨ・マルサリスのオーケストラ

カーミット・ラフィンズとBBQスウィンガーズ

エラ・フィッツジェラルドスティービー・ワンダーの You Are The Sunshine Of My Life

全て堪能!しばらく退屈しないな〜♪

 

f:id:rappappaneko:20210505001625j:image
このイラストが可愛い♡

wwoz.org/listen/archive/.

#JazzFestingInPlace

#wwoz

 

(他SNSより転載…何回投稿していることか!この熱い気持ち、お伝えしたい〜)

らっぱ出没情報 【緊急事態宣言突入!】2021春の陣

出るんかい?出えへんのかい?やっぱり出るんか〜い?ということで、出ました、緊急なのかよくわからない宣言。

それを受けて、緊急にライブ開催について検討・変更しました、本番2日前!

f:id:rappappaneko:20210425083442j:image

 

【緊急変更!】このライブは無観客・配信ライブとなり、ご入場いただけません。悪しからずご了承ください。

 

【以下、素敵共演ギタリストとおるちゃんのブログより】

ブログ https://ameblo.jp/fedikian3/entry-12663792003.html

4/26(月)といったら、ゴールデンウイーク前のそわそわした感じの月曜日やと思いますよ(シランケド)。西九条はマーシーオーガモン様にて松原 あおいさんとデュオライブです。どうか、宜しくお願いいたしますね。

★4月26日(月)19:00

西九条 マーシー・オーガモン

tp.    松原 あおい
gt.    松岡 とおる

日時  令和3年4月26日(月)
開場  18:00
開演  19:00  無観客生配信1回ステージ
入場  600円(オーダーは必要です。宜しくお願いいたします)

会場 

マーシー・オーガモン

http://mercyorgamon.web.fc2.com/

大阪市此花区西九条3-14-2シャルム西九条1F

(転載終わり)

 

【無料ライブ配信リンク Instagramライブ からご覧下さい】

https://www.instagram.com/aoimatsubaratrumpet/

f:id:rappappaneko:20210424205353j:image

 

 

【苦肉の策…】

私自身は人流抑制の意味もわかりますし、今の大阪は危機的状況で、たられば言ってもしょうがない。協力するのみです。

他の人は平気で普通に楽しんでるのに〜自粛したら損する〜、なんて全く感じません。

ただ、ミュージシャンはどんな形であっても、音を出すのが仕事。飲食店も引き続き、創意工夫で生きています。無観客でお店の宣伝になるなら、今回はそれが大義かな、と。

 

マーシー・オーガモンさんは、素敵マスターの癒しスポット。まかないいただくのが楽しみな美味しいお店です。ノンアルコールでのカフェレストラン営業にて、皆さんをお待ちしています。(ライブ時は無観客演奏にご協力下さい。)

ぜひ大阪西九条の下町で、おひとりさまランチタイム、仕事お帰りのディナータイムを♪

f:id:rappappaneko:20210425085905j:imagef:id:rappappaneko:20210425103220j:image
f:id:rappappaneko:20210425103224j:image

※お店の情報は4/24時点のもので、今後変更の可能性あります。

雑感〜油断大敵〜ウイルス対策

部活動に思う

何やら隣県(府)では、例のウイルス蔓延防止措置の一環として、学校の部活動自粛の要請が出ているようです。そして追うように私の在住地域でも。

スポーツもですが、文化系部活動の中でも吹奏楽部や合唱部などは感染リスクが高い方なのでは、と思われます。

 

私自身も中高とブラバンに情熱を燃やす青春時代!を送ったので、そして今まさに姪っこが楽しくてしょうがない部活動を制限されていると聞いているので、その無念さを思うととても心が痛むのですが…

 

意見はさまざまあるでしょうけど、時々散見する、プロスポーツがやっているのだから部活スポーツも出来る、というのはいささか単純すぎる見方なのでは。

部活動が教育の一環として大切なのはもちろんですが、ここではそれは横に置いておいて。

プロスポーツそしてプロの音楽家は、対策に資金も手間もかけています。その為に去年から、個人事業のレベルでも行政から補助金も出ています。

ミュージシャンやパフォーミング系の芸術家のお仕事では、PCR検査陰性証明が必要なケースも見聞きします。(このPCR検査の精度や意義はさておき。検査してもそもそもそれが正確かどうか。また陰性陽性も検体採取時の状態であって、例えば陰性であってもそのすぐ後にウイルスに曝露した場合は検査の実質的な意味が無くなってしまうので。完璧な安全の保証とは言えないですね。)

 

プロフェッショナルは、学校部活動やアマチュア趣味の集まりに比べて、専門家のエビデンス情報を逐一調査した上で、明らかに手間や経費をかけて対策をしています。

とはいえ、そこから学校生活やアマチュア活動の場で活かせるアイデアもあると思います。

テレビ報道情報ですが、とある学校の吹奏楽部は昨年の学校再開と部活動再開にあたって、部員みんなで何週間もかけて行動パターンや動線を全てチェックして、練習の空間や人物同士の接触について、生徒自身でルールブックを作って、守るようにしたそうです。

科学的データに基づいてのお仕着せでない対策、現場の人間が自ら意識付ける行動、という意味では、参考になるのではと思いました。

 

 

私に出来ること

この1年間に得た、感染リスクの低減についての実験結果など、公開されている情報から、自分なりの実行方法を。

感染リスクの低減に必要な要素は、

時間×空間×人数×基本的なウイルス対策(換気・シールドやマスク・うがい手洗い・手指物品のアルコール消毒などなど)

○時間は短く

○空間は容積を広く

○人数は少なく

ウイルス対策は可能な限りの手段をこまめに

 

演奏する時は、生じる飛沫の方向と距離を考えて、ソーシャルディスタンスとパーテーションで人物同士を防御することを、常に意識しています。

⭐︎私の教室での対策↓

rappappaneko.hatenablog.com

rappappaneko.hatenablog.com

rappappaneko.hatenablog.com

rappappaneko.hatenablog.com

f:id:rappappaneko:20210420174810j:image
f:id:rappappaneko:20210420174806j:image

⭐︎演奏時の対策↓

◎お客様と距離をとって野外演奏 or 小規模のお店でのライブは演奏者2〜3人編成でお客様入場数制限 or レンタルホールで無観客配信

◎演奏ステージを短く(45分×2回→30分×3回に変更)、演奏中の換気システム使用以外に、休憩時間はサーキュレーターを利用した外気との換気

◎飲食しながらの演奏をしない、手指消毒、演奏時以外のマスク着用徹底

 

実は昨年の本番対策で、小型のサーキュレーターを2台購入しました。小さいホールなら換気時に役立ちます。もちろん教室でも充分使えるので、安くゲットできてお買い得でした◎

ちなみに冬季の乾燥の対策として、充電式の加湿器も3台購入しました。これも本番でも教室でも持ち運べる小型。(ただし結露しやすいので、使う場所や機材や楽器に要注意!)

 

 

 

最近ニュースで見た情報まとめ

参考備忘録的に。

●音楽で感染クラスターが生じたケース

時間2時間(途中での換気の有無は情報無し)

広さ12畳(個人宅)

人数10人

内容 合唱の練習(マスク無し)

⇨感染者(ウイルス陽性)5人

●スポーツ遠征で感染クラスター発生

時間 不明(所要時間などは不明、都道府県外への移動ありなので数時間以上と推定)

共有空間 バスでの移動あり(分乗か同乗か、換気状態、競技時の状態など不明)

人数約30人

内容 趣味スポーツの集まり(競技内容など公開情報なし)

⇨感染者(ウイルス陽性)11人

 

前述の部活の制限に、参考になるのでは?

 

 

 

気持ちとの折り合い

「ウイルスに勝つ!」「コロナに負けない!」というあまり役立たない精神論を掲げるよりは、情熱を持った上でも冷静な対応と判断を、と思います。

私自身は、まあ余り「勝ち」「負け」で物事を判断しないように心掛けてます。勝ち負けがあるとしたら、自分に、かな。

粘り強く努力して、それでいて気持ちに余裕を持って、機会をとらえたら瞬間で動いて、、、

 

音楽の機会を持つプロセスは、気持ちも時間も費やすので、諦めるのに「惜しい」「残念」という感情が生じることもよくわかりますが…

 

あくまで私の個人的な意見ですが、やはり去年からこちら、集客するイベントの企画は難しいです。

状況を見て、中止や無観客(配信)に切り替えるべきと思います。人を動かさないことが、医療を守ることになるのだから…

状況で変更の判断を下せないのであれば、イベントの企画はしない方がいい、とつくづく思います。

何がなんでもやり切る、のが美徳と思われがちですが、創意工夫の上でも無理そうな時は、勇気ある撤退もひとつの社会への貢献になると感じます。

 

何より、演奏する側はどんな状態でもある程度覚悟の上で良いとして。

時間と費用をかけて来てくださるお客様がいざ会場に着いて、「感染対策が不充分そう」「中で人が密になってる」「そろそろ休憩して換気して欲しい」など内心思っても、回れ右して帰ったり、途中で切り上げたり、しにくいなぁ…などという状況は避けたい。それは楽しめない。

たとえ集まるのが全員“勝手知ったる”だとしても…責任ある態度、取りたいものですね。

 

ちなみに、無観客・有観客でのオンライン生配信も、この1年間ほどのあいだに平均したら月1ペースで経験して来ましたが…これについてはまた別でまとめてみたいと思います。いろいろ思うところがあります。

飲み会よりもレッスンが大事!

表題の件、仕事なので当たり前といえば当たり前なのですが…

 

前にも書いたと思いますが、ある生徒さんに「先生は、あちこち演奏に出かけたりで、打ち上げやなんやと飲み会もけっこう行ったはるんでしょ〜。そういうイメージ!」と言われたことがありまして。去年の秋頃だったかな。

 

いやいや、行きませんよ、飲み会など!

 

忘れもしない、去年の京都での2月1日の本番の打ち上げを最後に、この15ヶ月近くのあいだ、居酒屋と名のつくところに足を踏み入れていません。

 

ああ懐かしい、お決まりで行く京都駅前の、ビルまるごとの居酒屋さんチェーン。20人くらいでも予約ができる、みんな楽器を持っての大荷物で、いつもお世話になりました…割引サービスの葉書を郵送いただいても、使うことがないまま現在に至る…

 

本番も大事なのですが、今は本当に機会が少なくなってしまったので…

その数少ない本番も、決して打ち上げには行きません。本番の解散後、他の方はどうされているかは一切感知していませんが…皆さん直帰されてる方多いようですよ。

もちろん、自分主催企画でも、打ち上げはいっさいやってません。当然(よくある)飲みながら食べながらの演奏も、全くしていません。

 

私はどちらかと言うと、大勢での会食や飲み会には積極的ではない(気心知れた数人なら楽しいかな)です。

それでも、自分が主催の企画やバンドの演奏後は、親睦会と反省会そして今後の活動ミーティングのつもりで、打ち上げの場を設定することが常でした。実際、楽しいし音楽の話も出来るし。

 

でも今は全く無し。

この一年で本番に出かけて行って食べたのは、ライブ会場でのまかない2〜3回に、楽屋でのお弁当や飲み物。いずれも5人にも満たない人数での“黙食”。ノンアルコール。

他は、2〜3名で喫茶店での仕事の打ち合わせ、2回ぐらいかな。よそ様の演奏を聴きに出かけたのも2回、ドリンクのみ。

これがこの1年ちょっとのあいだの、私の会食の全てです。

 

いろいろ活動されてる(ネットに上げてる人はいっぱいいますよね)他の方を責めるつもりは全くありません。よそはよその事情で、その方たちの責任を全うされているのでしょう。

 

私は自分の音楽生活と家族が大事。リスクを完全にゼロにすることは出来ないにしても…

レッスンお仕事やお引き受けした演奏の場を、たとえ数が少なくても出来るだけ守りたい。

家族との関係も、できる範囲でいつもどおりにしておきたい。

 

そんな気持ちで過ごしています。

 

あ、ここまで読むと、まるで私がさびしい人みたいですが、そんなことはないです。

パートナーと2人だけでは、空いている時を狙って飲食店には行きます。

同居でない家族と週一で会う時は、マスク・1〜2メートル間隔・窓2箇所換気、徹底してます。

それに、気心知れた音楽仲間とは、リモート飲みやオンラインお茶会を、月一以上のペースでやってますから!喋りまくってます♪

 

f:id:rappappaneko:20210420171927j:image

今更出尽くした感のあるネタ、コロナウイルス撲滅祈願、コロナビールでおうち飲み。乾杯!

フリューゲルさん、出番です♪

もともとビッグバンドで使うことを目的に調達した、フリューゲルホーン。

久しく大編成バンドで演奏する機会も無いので、今年からデュオ編成でのライブで、出動させることにしました。約1年半ぶり。

 

使ってみると、意外に好評でした。

深みのある温かいサウンドがします。

ボサノバやバラードで、存在感を発揮♪

 

これはちょっと前にクリーニングした時の写真。お風呂場です。

f:id:rappappaneko:20210419221930j:image

 

普通のトランペットには無い、独特のパーツがいっぱい!
f:id:rappappaneko:20210419221941j:image

メインチューニングは、マウスパイプのスライドで調節します。

 

ピストンのバネは、トランペットのように内蔵型ではなく個別です。
f:id:rappappaneko:20210419221915j:image

組み立てでバネを入れる時は、ちょっと要注意。
f:id:rappappaneko:20210419221937j:image

 

3番スライド管にはトリガーが付いているので、分解してから管を外します。
f:id:rappappaneko:20210419221933j:image

細か過ぎるパーツを、失くさないように気をつけるべし。
f:id:rappappaneko:20210419221926j:image
f:id:rappappaneko:20210419221905j:image

付け外しには精密ドライバーが要ります。

 

楽器本体を洗って水気を飛ばして組み立てているあいだに、ケースも干します。時節柄アルコールスプレーも使用。よく乾かします。
f:id:rappappaneko:20210419221911j:image

これは楽器3本入るトリプルソフトケース。

ビッグバンド出動の時は、ここにトランペット+フリューゲル、譜面ファイル、譜面台、譜面灯、ミュート3種類以上、楽器スタンド2本…いっぱい入ります。重いです。
f:id:rappappaneko:20210419221922j:image
f:id:rappappaneko:20210419221918j:image

 

 

…来週の大阪、ライブ出来るのかどうか、雲行きが怪しくなってきました。コロナウイルスのための緊急事態宣言。いずれにせよお店が時短営業で、ワンステージの勝負。

やりたい曲あるんやけどな〜…どうなるかは神のみぞ知る。練習、トレーニング、アナライズにイメトレして、備えるだけです。

音楽指導に明るい未来を!

なんて悲しい、腹立たしいことか…

 

ニュースで見ました。吹奏楽部で指導の教師から叱責された生徒が、校舎から転落したとのこと。事故なのか故意なのか、状況は読み取れなかったですが、命がなくなることにはならなかったのがせめてもの救いです。それでもその恐怖と痛みを想像すると、たまらない気持ちになります。

 

記事を読む限りは、合奏で出来ていないことを何度も叱責し、ひとりで別の場所で100回繰り返して練習するように言ったのだとか。普段からその教師の指導を、怖がっている生徒が少なからずいるとの記述あり。

 

 

指導にはある一定の厳しさが要るのは、わかります。私だって、何度言っても伝わらない、やって貰えないのは苛立ちます。一生懸命になってもわかってもらえないのは、やっぱり腹立ちます。がっかりもします。人間だもの。

はっきり厳しく要求するのが必要な時も、あるでしょう。

 

ただ、はっきりさせましょう。真摯に音楽を教えている側はただ“わかって欲しい”のです。

その練習が必要な理由を。こうすれば美しく恰好良い音を奏でることができるんだよ、ということを。皆と合わせる気持ちの良いタイミングを。

そのためにはよく言われることですが、「怒る」ではなく「叱る」ことが必要なのだと!

緊張状態も生じる場面はあるでしょうけど、基本はリラックスして楽しく、音に集中できるように導くのが、指導者の役割でしょう。

そして、何度でも大切なことを、たとえ同じことの繰り返しになっても、根気強く伝えて続けることが、教える者の仕事です。

 

 

上の立場にいるものが自分の感情を思うままにぶつけて、弱い立場の者の言動を思うがままにしようとすることは、それはただの支配欲であって、指導ではないです。

 

回数を重ねる練習方法は大事です。

でも、本人が意味がわかっていない100回繰り返し、要りますか?

100回繰り返したら出来るようになるのではないんです。出来るようになる練習を100回するんです。これだ!という音を掴むために。

怖がって嫌々やらされる練習は、ただの罰ゲーム、嫌がらせです。そこに音楽の喜びは無い。達成感も無い。

 

何がその先生のお気に召さなかったかわかりませんが、恫喝するのではなく、本質を伝える努力はされたのでしょうか。

その生徒の出す音がその音楽の中で、どう求められているのか、きちんと説明して体感させて。そしてわかった!という喜びを一緒に体験して。

 

なんでもかんでも、ハラスメントという言葉で片付ける風潮もどうかと思いますが。

でも、学校の先生という絶対的な立場で、部活動という密室では、責任と自制が必要でしょう。

 

 

経験上、学校吹奏楽は文化系でありながら、運動系のノリ、スポ根崇拝のような気質が生じやすいです。

「さあ、みんな一斉に今から3時間、基礎練習でカンヅメだ!」「言うこと聞かないヤツ、出来ないヤツは、合奏から出ていけ!」「一人で出来るようになるまで、やって来い!」みたいなやり方の方が楽でなので、ついそちらに流れがちです。

(そういえば私が中学校で初めて楽器を手にした時、先輩から「今から新入生は、マウスピースを口から離さずに、30分吹く練習!」って言われてやってたな。。。「廊下を端から端まで全力で走ってから吹いたら、ハイノートが出やすい」というのも伝授された。。。今にして思えば謎練習。。。)

 

一人一人の理解や感情まで行き届いた指導は、手間も時間もかかります。

そして多くの種類の楽器について知識を身につけて、まだ成長期の多数の生徒に教えて、一つにまとめあげることは、大変な作業です。

(申し訳ないけれど…ちゃんと出来ている学校のブラバン顧問の先生は正直少ないです。すべての管楽器打楽器に精通することは至難の業なので当然です。知ったかするくらいなら、各楽器にきちんと専門家の指導をつけるべきです。餅は餅屋。これに関しても僭越ながら一家言有りますが、またの機会に)

 

 

私も学校の吹奏楽部に、主導的な指揮者兼バンドトレーナー、外部からの講師として、臨時のクリニックのお仕事など様々に関わったこともあるので、よくわかります。

言うこときかなかったりサボったり、他に楽しいこともいっぱいな多感な時期の生徒さんたち、難しいです。

それだけに、音楽を形にする喜びや出来るようになる達成感も、また格別なんですけどね!

 

 

今回のニュースになったケースは、これほどの大事にも関わらず、処分が軽いとの批判が出ているそうですが。

教師による生徒への性犯罪などもそうなんですが、密室での人の命や体、精神性を深く傷付ける犯罪には、厳しい罰則と再犯防止に万全を求めます。

 

 

酷い事件を知って思わず、思うがままに書き連ねましたが…

レッスンや学校での指導という、ある意味閉鎖的密室的な環境での人間関係は、心して臨まねばなりません。

音楽の場が、恐怖に支配されないように!

練習も本番も、指導者と生徒が一緒に音楽を楽しめるように!

顧みれば、私も決して成功例ばかりでは無いかもしれません。

自戒を込めて。

 

f:id:rappappaneko:20210419215843j:image

臨機応変、フレキシブルに

明日の大阪でのトランペット教室は休講にして、地元の京都の教室に振り替えることにしました。府県境またぐ移動を少なく!

判断が難しいところではありますが、だからこそ今回は大事をとろうと決めました。

完璧はありませんが、不安定で流動的なウイルス情勢に対処するには、面倒がらずにきめ細かくコントロールしていくのが吉、と考えました。

 

生徒さん側も振り替えに賛同してくれたので、ひとまず良かった。。。

違う地域に複数の教室を持っていて、恵まれていて有難いですね。出来ることを最大限に活かして、対応していきたいです。

 

勇気をもって、正しいと思うことに決断を下す。

 

目の前で地震が起こったり津波が来たり、見えるところでバタバタと人が倒れたり、ではなくわかりにくいかもしれません。が、今は非常時なのだと思います。

これくらい大丈夫とか、今のうちにやっておこうとか…法に触れなければ何をやっても良い、というのは違うのではないかと、やはり思います。

f:id:rappappaneko:20210417234816j:imagef:id:rappappaneko:20210417234828j:image

明日のレッスン内容を考えて、譜面を書き書き…

お若い生徒さん用に、でも完全に私の趣味で、可愛いグッズも用意したし♪

もとい、油断大敵…

前ブログ記事には、希望的観測の意味も込めて、屋外とか演奏出来る機会が増えたら良いなあ〜と書きましたが…

目下、週末の自分の教室の振り替えを考え中です。

 

私は京都府南部、大阪府奈良県に接するところに住んでおりまして、らっぱを教える仕事は(出張レッスンや音楽教室の講師は別として)、京都市京田辺市大阪市を拠点にしています。(演奏仕事は何処へでも行きます!)

人口密度も比較的高く、ヒトの動き流れも活発な場所だけに、音楽の場の可能性も大きく、それだけに仕事上のリスクマネジメントは悩みます。

 

パンデミックというものはもちろん人生で初めて出会うので…今のこのカオスな状態は戸惑います。開けるのか?閉じるのか?

吹く楽器っていうのは、歌と同じでウイルス対策は気を使います。ましてや今のように皆がどこで線を引くかを曖昧模糊にしている状態では、判断に迷います。

 

教える仕事にしろ演奏する仕事にしろ、求めてくれる方がいて初めて成り立つので、自分の方から断ったり代替案を出したり、するのは勇気がいるんです。

でも決して自分だけが何とか切り抜ければ良い、とも思わないんですよね。音楽を通して社会と繋がらせてもらってるので、公益性、皆さんのお役に立っているかどうか、大事なことなんですよね。

真面目かっ?そう、真面目やねん!

 

専門家ではないし、やはり未知のものを恐れる気持ちもあるし。ウイルス感染したらどうなるのか…しんどかったり痛かったりももちろん嫌だし、家族のことも考えるし。今は時節柄少ないですが、あちこち仕事先にご心配ご迷惑をかけることにもなりかねないし。

生徒さんの気持ちやご都合もありますよね。これ大事。

 

いつもはもうちょっと腹括ってるんだけど、迷うこともあるさ。人間だもの。

うーん、今日はちょっと事務仕事忙しくてあまり寝ていないので、今晩はしっかり寝てから、週末のレッスン仕事をどうするか判断しようと思います。

おやすみなさい ♪〜)>iii-<

 

f:id:rappappaneko:20210416224151j:image

どうしたら良いか、教えてくれんかな、リラックマたちよ…

オンラインも良いけど、生演奏もね♪

先月の出没情報↓

rappappaneko.hatenablog.com

 

 

京都地元でのイベント演奏は、これからはオープンエアでのがエエなぁ〜♪とつくづく感じたステージでした。

あまり暑かったり寒かったりは、楽器自体にも影響を受けてしまいますが…屋外演奏は気持ちいい!

ウイルス対策上も、お客様はもちろん演奏する方も比較的安心できます。それが何よりです。これからの季節にはぴったりですね〜

f:id:rappappaneko:20210406171824j:image
f:id:rappappaneko:20210406171820j:image

この時は2人編成、デュオでした♪

 

 

ウイルス感染症対策に配慮しながら!演奏のご依頼お受けしております♪

普段は京都・大阪・神戸・滋賀など主に近畿圏で活動をしております。条件次第で、全国全世界各地へ伺います!

 

トランペット・バンジョー・チューバなどを中心に、通常2人〜7人編成のグループです。

レパートリーはジャズ曲が多いですが、ポップスや歌謡曲、童謡からアニメソングなども交えて、おおくりしています。テンポやリズムにのれる、お子様からご年配の方まで楽しんでいただける内容です。

 

楽器編成が野外演奏にも対応しています。

室内での演奏も、キャパシティや配置・音響設備などを工夫次第でお楽しみいただけます。

パレード(歩きながら)演奏も可能です。イベント前後の、ウェルカム演奏やお客様送り出しなどの演出にも向いています。

 

衣装もバッチリ♪です。

もちろんオンライン配信にも対応いたします。これは7人編成のオンライン生配信ライブの様子。

f:id:rappappaneko:20210406171608j:image

f:id:rappappaneko:20210406171605j:image

 

演奏内容やステージ時間、ご予算や諸経費など、お気軽にご相談下さい。可能なウイルス対策についても、お問い合わせください。

トランペット 松原あおい

メール:rappaneko@icloud.com

FacebookInstagramでもDM可です。

https://www.facebook.com/aoi.matsubara.75

https://www.instagram.com/aoimatsubaratrumpet/?hl=fr-ca

 

ちなみに…今月のジャズバーライブは…例の“まん延防止”ウイルス対策大阪市が時短営業になり、ワンステージのみの演奏になる模様。影響は免れません。

今年いっぱいはこんな感じで、演奏やお店の制限に配慮して、となるのでしょうね〜(と覚悟を決める)

 

♪以下SNS告知より転載♪

 

4/26(月曜日)です。開始時間変更なりました。
どうか宜しくお願いいたします。
────────────────────
★4月26日(月)19:00
西九条 マーシー・オーガモン
tp. 松原 あおい
gt. 松岡 とおる
日時 令和3年4月26日(月)
開場 18:00
開演 19:00
入場 600円(オーダーは必要です。宜しくお願いいたします)
会場 マーシー・オーガモン
http://mercyorgamon.web.fc2.com/
大阪市此花区西九条3-14-2シャルム西九条
1F

f:id:rappappaneko:20210414005905j:image

困った!オイルのキャップ…

以前に、トランペットに使うバルブオイルをいろいろ試したり、記事を書いてみたりしたのですが…

 

rappappaneko.hatenablog.com

rappappaneko.hatenablog.com

rappappaneko.hatenablog.com

 

最近のバルブオイルは、「チャイルドプルーフキャップ」「チャイルドレジスタンスキャップ」という、お子さまなどの誤飲防止のために外れにくい仕様になっているのですね。(キャップ部分をモデルチェンジしているメーカーも多い)

 

ところがこの「グッと押し込んで回す」のがうまくいかなかったり、使っているうちにアンロックが効かなくなってしまって、空回りして開かなくなることが続いた!何かの拍子でたま〜に開く…

f:id:rappappaneko:20210413152825j:image

↑この2種類が、開いたり開かなかったり気まぐれサンたち。本番前とかで急いでる時のキャップ空回りは焦る〜、、、なので仕方なく、
f:id:rappappaneko:20210413152821j:image

この可愛いやつ(普通のネジキャップ)を、サブとしてケースに入れて同行させてます(ブログ既出)。

ただでも最近は出動する楽器ケースに、消毒・衛生グッズひととおり搭載してるから、さり気なく持ち歩き重量増えてます。。。

 

安全キャップ、使い勝手なんとかならないですかね〜???もちろん安全性は大事だけれど、開かなくなってしまうのは本末転倒。

ネットのレビュー見ても、わりと頻発事例のようです。

 

 

 

さて、遅ればせながらの確定申告も無事に終わり…ほっと一息。

ここのところのコロナウイルスの関係で、税務署の混雑が気になっていましたが、書類提出のみで済んだので、待ち時間3分+提出1分のスピード感!(ちなみに昨年は申告と事業届関連があったけれど、所要時間3分!)優秀なマネージャーのおかげです、感謝。

 

追記:

今日のニュースで知ったこと。

先日出演した演奏会場のすぐ並びの店舗、そして確定申告で訪れた税務署、両方でコロナウイルス陽性者が出たとの報道。どちらも私は、時間的空間的にニアミス程度でしかないけれど…

今のところウイルス陽性が確認された例は、個人的には「知り合いの知り合い」レベルで止まってはいるものの、もういつどこで出てもおかしくない。対策は慎重に、対応は冷静に、然るべき行動を取ろうと、気を引き締めています。