rappappanekoのらっぱ日記

あおいのトランペットよもやま話

こどもは天才!

先月からのトランペット生徒さん、小学校低学年の方をお預かりしています。

今まで中学生高校生、たまに小学生もいらっしゃいましたが…

この年齢になると、可愛くて、パワーに溢れてる(圧倒されちゃう)。その分、集中してもらうためにこちらも全力投球〜

 

先ずは、らっぱを好きになってもらいたくて、音を出したり→まねっこごっこしたり、をするのですが、その中で凄い発見が!

 

 

 

ある日のレッスンで、ピストンを押して音を変えるのに挑戦した時に、「ちょっと待ってて!」と付き添いの親御さんのスマホを手に取って何やらごそごそ。。。

その次のレッスンの時におさらいをしようとすると、やはり「ちょっと待ってて!」と再びスマホを操作。そしてらっぱに戻って吹く。

 

見せていただくと、そこには…‼︎

運指(フィンガリング)をスマホにメモしてある!

ちゃんと

 

「**音楽教室トランペット

レ ⚫︎⚪︎⚫︎

ミ ⚫︎⚫︎⚪︎」

 

と入力してある!!!

(ドは全部押さないので省略されてる。そして、押すピストンと押さないピストンは、丸印が色分けされている。)

 

なんだか嬉しくなっちゃって、ただただ「すごいね〜!」「グッドアイデアやね〜!」と感心してしまいました。

ちなみに、管楽器の経験はトランペット含めて全く無いそうです。

(思わず保護者の方に確かめてしまいました。自分で考え付くって、やっぱりすごいなぁ…)

 

 

ずっと昔若かりし頃、河川敷でらっぱを練習している時に、近くの保育園からお散歩にやってきた子供が興味津々で見てくるので、「吹いてごらん」と吹かせてみたら…見よう見まねですぐに音が出ちゃう!

真っ白な状態のお子様は、理屈知らなくても真似して簡単に吹いてしまう。

音符読めなくても曲が吹けたりする。

 

そんな部分を、面白く伸ばしてあげられたら良いなあ〜、と思っています。

 

 

 

最近、ちょっといろいろ個人的な気持ちの上では落ち込むこともあったのだけれど、元気出ました。生徒さんから元気もらっちゃうことも、あるんですよね〜!

音楽の基本、音の本質…“楽しむ”ということ。めちゃくちゃ大事です。

 

まだ低年齢の生徒さんには、あまり楽譜を強制せずに、少しづつ「こんな世界もあるよ」というスタンス行くのが吉ですね。

 

f:id:rappappaneko:20201120162517j:image

二段・三段・四段の五線紙。

先生用=自分用なので、趣味全開♪

子供さん用には、レッスンでやったことを簡単にメモしていって、次にやることのアイデアを練ります。渡すための楽譜ではなく、あくまで先生のメモ用。

大人の生徒さんにも、これで1ページづつ基礎練習を小出しにして、1枚づつコピーを渡していくと、無理なくプレッシャー無く、少しづつ難易度を上げていきやすい。と最近そんな作戦です。

衛生面が気になる今日この頃…

ウイルス対策がいろいろ言われている今日この頃。管楽器、特に金管楽器も、気温の低下とともに楽器内の水分が溜まりやすくなってきましたね。

皆さんはどう処理されていますか?

 

楽器店のカタログなど見ていると、飛沫対策のシールドと共に、“楽器から出てくる水分を集めて、ドレーン(チューブ状の管)で排出”するような商品も、開発・発売されていますね。

これもなかなか実際、購入したり使ったり、となると少々ハードルが高い気がします。写真で見る限り、演奏しにくそうでもありますね。

(このあたり、管楽器用マスクと同じで、ウイルス対策のために新しい商品は発明されるんだけど、いざ実用性となると…という状態かもしれません)

rappappaneko.hatenablog.com

 

 

 

ここでは、従来のやり方の延長で、“手軽に・こまめに”対策するアイテムを。

 

f:id:rappappaneko:20201120155703j:image
f:id:rappappaneko:20201120155706j:image

管楽器専用シートも購入できます。

可愛い柄が入っていたり、持ち運び用ジッパー袋がついていたりしますが、割高ですね。(この写真のもので、7枚入り専用袋付き¥660+税

 

時節柄、こまめに使い捨てが推奨だと思います。やはり昨今は特に気になる、唾液や飛沫をすぐに始末する意味でも、大事なんじゃないかと考えています。

 

 


f:id:rappappaneko:20201120155710j:image

で、やはりコレ!

ペットのトイレ用シート。たくさん入っていて、シートの大きさもいろいろあって選べるのが○。

色がブルーだと「いかにも」な感じなので、私はグレーや白や黒を選んでます。写真や動画に写り込んだ時も目立ちません。

(普通サイズで100枚入りがおよそ¥1000-、コスパ抜群!

 

最近は、レッスン先やリハ・本番で出かけた時に、いつでも使い捨てできるように、常に2〜3枚を楽器ケースに入れています。すぐに密封して捨てられるように、一緒にビニール袋も数枚忘れずに。

 

本番の時は、お客様から近かったり、よく見えてしまったり、が気になります。これはまた別の記事に解決方法をまとめる予定です。

 

 


f:id:rappappaneko:20201120155718j:image

私は、自宅での個人練習やレッスンでは、プラスチック製の平たいカゴ状の入れ物に、シートをこのように入れて、使っています。

多少は飛び散りはマシかも。シートを捨てたあとは、入れ物全体と周りの床面をアルコールスプレーで消毒、が習慣です。

f:id:rappappaneko:20201120155715j:image

こういう、脱臭のための活性炭素入りの黒っぽいシートもあります。

楽器を吹く活動と共に、出来ることから衛生面も配慮していきたいですね。

聖者の行進

少し前先月に、Instagramで相互フォローしている方に教えていただきました。

 


Paul McCartney - When The Saints Go Marching In (2020)

(もう何ヶ月も前、今年前半にアップされている動画ですね。自分自身では気が付かなかった。。。)

 

私、ポール・マッカートニーがトランペットを吹くのは知りませんでした。

ネット上を探してみると、若い頃の演奏もあるみたいです。

なんといってももう、ポールももう御歳70代、そろそろ80に手が届く。

しかしこのプレイ、立居振る舞いがカッコ良過ぎ!

 

これこそが、ニューオーリンズ・ジャズのスピリッツ。

ジャンルを超えてシャウトする、リモートセッションとは思えない盛り上がり!

幾つかの動画はプリザベーションホールの中や、エントランス付近で撮影されてますね。もちろんニューオーリンズのミュージシャンも多数出演。

 

聖者の行進When The Saints Go Marchin' In は、トラッドジャズのスタンダードにして、ワールドワイドなポピュラーメロディ。

それこそ YouTubeには数多の演奏がアップされています。

ライブでも、特にあまりジャズに馴染みのないお客様でも楽しめるナンバーとして、取り上げることが多いですね♪

やるたびにハッピーな気分になれる、そんな曲のひとつです。

 

 

ところで、この動画を教えてくださった方からのご指摘「ポールは左利き」、これも私は知りませんでした。

動画見たところ、本当に、右手で楽器を支え、左手でピストンを押している! 右手側は、2番の抜差管が出っ張っているので、楽器持ちにくいと思うんだけど…

f:id:rappappaneko:20201105160358p:image

 

ちなみに、運指(フィンガリング)の左右の入れ替えは、結構すぐ出来ます。

私は中学生・高校生の時に、メロフォン(右手でピストンを押す)、フレンチホルン(左手でロータリーレバーを押す)、トランペット(右手ピストン)を行き来したので、経験的に確かです。

バルブ番号

1番:人差し指

2番:中指

3番:薬指

は、左右で互換性があるということです。

人体の不思議…???

 

そういえば、喜劇王チャップリンは(自身の監督主演映画「ライムライト」のテーマ「エターナリー」を作曲するなど、音楽家でもあるのですが)、若い時にチェロ奏者を志したものの、左利きを矯正できず、チェロの弦の左右順番を張り替えたりしてみたけどうまくいかず、チェリストの道を諦めた、と聞いたことがあります。

オーケストラなどで弾く場合は、弓の方向が揃っていないとボウイングなど具合良く無いでしょうけど、独奏者なら大丈夫な気がするんですが、ダメなんでしょうかね。

 

と、話題がどんどん脱線してしまいました。

失礼しました〜

(序)らっぱ演奏:マスクとフェイスシールド

管楽器用マスクについても、色々試してみましたが、ちょっと実用的には難しいか、というお話は先日書いたとおりです。

 

しかしどうしても、初心者の方のレッスンを受け持つ都合もあって、「見た目わかりやすく、同時に、飛沫の拡がりを少しでも低減」を工夫するべく、いろいろ買い込んでみました。

他の先生のレッスンも見学させていただいて、大いにヒントもいただきました。

f:id:rappappaneko:20201026224343j:image

ホームセンターさまさま!です。

 

考えながら、工夫しながら、レッスンで実践しています。

続きは、プロセスもまとめながら、投稿していきます♪

続・パーテーション考察

自宅レッスン室のハンドメイドパーテーションについて先日書きました。生徒さんの評判は上々です。良かった!

f:id:rappappaneko:20201026223357j:image

やっぱりお互いのためにもあった方が良いですね。

直接の飛沫を回避しつつ、15〜30 分間ごとに外気を通した換気をして。これで乗り切ろうと考えています。


新しくレッスンを受け持つことになった職場では、このようにパーテーションを設置下さっていて、助かりました。

透明度が高くて素晴らしいので、写真ではちょっとわかりにくいですが、画面の左側3分の1は、ビニールカーテンが吊るしてあります。
f:id:rappappaneko:20201026223353j:image

 

これから、新型コロナウイルスのみならず、ウイルスや細菌の感染には一層気を付けたい季節。

うがい・手洗い・換気と共に、環境面も整えたいものですね!

らっぱ出没情報 2020秋 追補編

今月下旬の演奏について、情報を補完して再投稿です♪

 

面白い曲のラインナップになってきました。

 

仲間同志、いかにトラッドジャズ含めて演奏活動を続けていくか、音楽家が生き残っていくか…をアイデアを出し合う日々です。

 

何より、音楽が息づく世の中でありたい!

 

 

今後の活動のためのご支援も、お気持ちを頂戴出来ましたら、大変嬉しいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます♪

 

 

f:id:rappappaneko:20201015202447j:image
f:id:rappappaneko:20201015202443j:image
f:id:rappappaneko:20201015202435j:image
f:id:rappappaneko:20201015202439j:image

 

10/28水曜19:00〜 

大阪難波Musicraft(ミュージックラフト)にて

トラッドジャズのライブ

「Musicraft Trad Jass Nite」開催!

 


大阪難波Musicraftから、トラッドジャズの名曲をおおくりします♪

通常ライブと同時に生配信もあります。

 


現地観覧は、入場数制限をして予約制でのご入場になります。2500円1ドリンク付き、お客様10人限定。DMでお問い合わせ下さい♪

 


配信元は、このリンクまたはQRコードからアクセス下さい

https://fb.me/e/2PC2roDBQ

 


基本は無料ですが、よろしかったら投げ銭していただけたら次回のライブの資金にさせていただきます。

投げ銭受付先はこちらの二つのリンク

 


Pass Market「Musicraft Trad Jass nite 現地ライブ&生配信」

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01iu111196dk4.html

 


Peatix「Musicraft Trad Jass nite 現地ライブ&生配信」

https://musicrafttradjassnite.peatix.com

 


「Musicraft Trad Jass nite」は、

「京都七条トラッドジャズ」の後援イベントです。

 


#ジャズ #トラッドジャズ #ライブ #生配信 #生配信ライブ #ライブ配信 #qrコード #フェイスブック #イベント #予約制 #ミュージックラフト #大阪難波 #京都七条トラッドジャズ #後援 #クラリネット #バンジョー #トランペット #コルネット #チューバ #トロンボーン #ドラム #ドラムス

ミニコラム 訃報

トランペッター近藤等則(こんどう・としのり)さんがお亡くなりになったとの、ニュースを見ました。

なんとなくですが、この方のことは「トランペットプレイヤー」より「トランペッター」と言いたい。

 

若かりし頃、生演奏を聴きに行きました。確か京都のクラブメトロ。

そういえば、京大出身のミュージシャンの代表格でもいらっしゃいますね。

 

エレクトリックトランペットの可能性。スタイリッシュ。刺激的。

ファッションもめちゃくちゃカッコいい。イケメン。

 

私はこのあたりが印象に残ってます↓

某ビールTVCMと時代劇のテーマ曲。


アサヒスーパードライ:近藤等則1.m4v

 

 


腕におぼえあり オープニング

 

 

私が志向する音楽とは全然違うけど、この神がかり的カリスマ性は、憧れです。

 

ご冥福をお祈りいたします。

管楽器用マスク体験記③

手洗いして、一晩屋外の軒先で自然乾燥してみた感じ、手触りや匂いは気にならない。

 

省エネのために、洗濯機で洗えるかどうかも試してみました。今度は室内で陰干し。

f:id:rappappaneko:20201015184704j:image

 

型崩れしないように、遊びが少ないネット使用。

f:id:rappappaneko:20201015184754j:image
f:id:rappappaneko:20201015184802j:image

洗剤と柔軟剤は、いつも使ってるのを少なめで。
f:id:rappappaneko:20201015184806j:image
f:id:rappappaneko:20201015184758j:image

機械にかける時間は、できるだけ短いコースで。

この耳にかける部分は痛くならない柔らかさで使用感良いのだけれど、ここが伸びてしまったら使えなくなる!

乾くのは早かったです。所要数時間、速乾性あり。

f:id:rappappaneko:20201016084524j:image

ピンチの痕がついてしまった…クッション性がある。これはこれでお洒落な柄に見えなくもない。

f:id:rappappaneko:20201017060830j:image

予備の使い捨てマスクと共に、新しい職場(教室)にも持って行く(美しいマスク入れは友人から貰ったトルコ刺繍、化粧ポーチと色違い)

 

 

 

使用感やお手入れ方法など、ついつい使い勝手を中心に語ってしまいましたが…

肝心の「飛沫を防止する」効果はいかがなものでしょうか???

 

私個人で、マイクロ飛沫を測定する機械とか持っているわけではないので、正確にはわかりません。

普通のマスクが「会話時に発生する、ある程度の大きさの飛沫の飛び散りを防ぐ。多少マイクロ飛沫の漏れは有り。マスク無しの状態に比べた場合、飛沫による感染リスクを下げる。」のであれば、この管楽器用マスクも、「演奏時に発生する、(以下同文)」でしょう。

前にも書きましたが、トランペットは、楽器本体ベルの先から出る飛沫は少なく、マウスピース横から出る方が多いらしいので。

 

マスクに穴(スリット)が開いている時点で、何をか言わんや、です。

今大事なのは、ゼロリスクではなく、「リスクを下げる」こと!

 

 

実用的かどうか、について。

端的に言って、実用的、とは言えないです。

 

昨日は長年の生徒さんの前でも実演してみましたが、マウスピースをスリットに出し入れする時点で、どうしても手を使うことになり、マスクの衛生面としてどうなのか?という話になりました。

 

また、たまたまですが一昨日に、初心者の子供の生徒さんを受け持つことになり…

口元が見えない状態では、とてもじゃないけれど教えるのは難しい、です。(親御さんの了解もとって、吹く時はマスク無しにしました。(喋る時はマスク着用))

子供は、理屈や理論で奏法を覚えるわけではなくて、お手本を見たまま真似して、それがまた上手くいくことが多い。

透明のパーテーション越しの方が、全然マシです。

 

 

見た目の怪しさの理由は、意外にハッキリしているスリットが、口に見えるからかも。(なのに鼻が無い。)

マウスピースを口の中に入れてるみたいに見える〜

あるいはこのかっちりした立体感で、鉄仮面か西洋の甲冑っぽいというか。

 

パッケージの写真の様にサックスだったら、普通に吹いている感じに見える。
f:id:rappappaneko:20201015001936j:imagei

で、たぶんマウスピースの出し入れも、トランペットよりはし易いかも。

トランペットより大きな、トロンボーンとかチューバは、やりにくいでしょうね。


f:id:rappappaneko:20201015001933j:image

パッケージ箱裏面の説明書き

 

匂いは確かに気にならないので○。

よく使い捨てマスクでも、何かしら紙の匂いが気になってしまう私としては、無臭であることは大事。

f:id:rappappaneko:20201015001926j:image

(日本製であることも大事なポイント!)
f:id:rappappaneko:20201015001943j:image

ただ、蒸れはちょっとやっぱりある。吹いていると熱が内側にこもる。

普通のマスクでも、これは致し方無い。

①にも書いたように、眼鏡の曇りは可能性大いにありそう。

 

もしも予備を買い足すなら…次回は、Sサイズで、ブラックかグレーかな…

 

 

 

結局のところ、今後のレッスンやリハーサルで使うかどうかは、微妙です。

ある意味、想定内の結果。

①の冒頭で書いてましたが、ダメ元、期待薄でしたので。

 

直接の飛沫を防ぐならパーテーションを利用。あとは、時間(演奏する時間を短めく)と空間(人物間の距離を取る。閉鎖状態を解放して換気する)のコントロール

 

 

 

うーん、普通のマスクとして使ってもみましたが、スリットが口に見える点が、気になる。変に目立ってしまう…

「口紅など化粧が付きにくい」これはそうだと思う。かなりの立体感あるので、あまり皮膚に密着している感じはないので。

 

 

ただし、女性管楽器奏者あるあるだと思いますが、口紅はあまり付けません。

え、皆さん付けてます?

 

余談。

私は、プライベートでも演奏メイクでも、ほぼリップカラーはほんの少し、唇表面に擦り込む程度。ニュアンスカラー♡と言えば聞こえは良いけど、まあ手抜きです。

リップクリームも口紅も、演奏時の唇表面の感覚が変わり過ぎたり、楽器が滑ってズレたり、になるくらいならいっそのこと付けないことにしてます。

おかげで、まれに口紅を購入しても、減らないこと!使い切らずに何年でもある。

 

若かりし頃は、“落ちない口紅”(某化粧品ブランド“テステ○モ”など、かなり高額なものも含め)などいろいろ試したりして、それなりに欲がありました。

 

今は演奏優先に落ち着きましたね〜

パーテーション考察

先日は、自作パーテーションについて書いてみました。

 

rappappaneko.hatenablog.com

 

 

大阪で教室としてお借りしている音楽サロン MUSICRAFTさんでは、やはり管理者の方がハンドメイドのパーテーションを備え付けて下さいました。

 

 

お客様の前でライブ演奏などするなら、こういう感じで使用。

f:id:rappappaneko:20201015013522j:image

 

私は主にレッスンで使用するので、生徒さんとの間の仕切りとして、こういう配置で試してみました。
f:id:rappappaneko:20201015013528j:image

かなり大きさがありながら、コマ付きなので移動も楽々。使いやすい!

 

 

ちなみに、上記リンクの記事にも書きましたが、根本的に最大のポイントは、直接飛沫を浴びせ合うことを避けた上で、充分な“換気”だと考えています。

扇風機、空気清浄機、サーキュレーターを駆使して、こまめな換気を心掛けています。

f:id:rappappaneko:20201015013519j:image

換気に関しては、認識を新たにするためにも、また改めてまとめてみようと思っています。

 

閑話休題
f:id:rappappaneko:20201015013532j:image

先生側から見たらこんな感じ。

 

生徒さん側から。

f:id:rappappaneko:20201015013535j:image

 

透明度が高い良いシートが、ピンと張った状態になっているので、こちら側からでも楽譜は見易い方だと思います。

Good job!
f:id:rappappaneko:20201015013525j:image


音の聴こえ方が、お互い少し遠いかな、と。

シートに音が当たって、微かに反響音?共鳴音?がする。

 

これは個人レッスンのシーン。

今のところグループレッスンはほぼ無いので、グループになったらまたちょっと態勢を考える必要がありますね。

管楽器用マスク体験記②

続き〜

 

f:id:rappappaneko:20201015001717j:image

こりゃ、見た目大いに怪しい。

 

何曲か練習がてら吹いてみる。

吹けないわけでは無いけれど、ずーっとこの態勢で吹き続けることになる…

休み部分でも、このまま。

 

ついに、マウスピースをスリットから抜いて、楽器を下ろす。
f:id:rappappaneko:20201015001721j:image

ふう〜…

 

再び構える。今度は手を使わず。
f:id:rappappaneko:20201015001727j:image

この辺かな。自分では見えない。探る。

ん〜〜〜
f:id:rappappaneko:20201015001737j:image

これでは隙間が開き過ぎてる気が。
f:id:rappappaneko:20201015001733j:image

 

やはり手探りで、スリットの状態確認。
f:id:rappappaneko:20201015001730j:image

こんなもん???

 

 

 

素材が柔らかくて、軽くスムーズな肌触りだから、吹きながらそんなに邪魔な感じはしない。

でも多少、楽器の角度が固定されてしまう感覚になるので、極端なピボット奏法でなくても、窮屈な感じもする。

 

それにしても、いちいち吹き始め、楽器のセットが面倒。

使い勝手が悪いだろうと予想していた通り!

これ、レッスンやリハーサルの場面ならともかく、本番では無理やろ!?

慣れたら自然に出来るものなのだろうか…?

 

その前に、ビジュアルがクレイジー過ぎるけど。

先輩らっぱ吹き氏が、インスタグラムにこのマスクで楽器を構えたところを上げて下さっていて、ある程度予測はついていたものの…

 

 

 

今日のところは、こんなモンにしといたろか。

ということで、洗ってみる。
f:id:rappappaneko:20201015001724j:image
f:id:rappappaneko:20201015001713j:image

押し洗いして、水気をきり、ピンチで屋外の物干しへ。

一晩で乾くかな?

 

 

 

考察へ続く。