rappappanekoの日記

松原あおいのトランペットよもやま話

新しい楽器 その後

バックのコルネットを使い始めて2ヶ月近く経ちました。




フェイスブックに、折々の演奏活動の告知やレポートを上げているのですが、早くも反応が!


https://m.facebook.com/aoi.matsubara.75?ref=bookmarks


「憧れのロングタイプのコルネット」とコメントを下さった方がいらっしゃいました。

おそらく首都圏のトラッドジャズのトランペットプレイヤーの方で、写真だけでわかる方はわかるのですね〜

トラッドジャズの師匠にも「ロングタイプコルネットは小編成アンサンブルの時は、きっといい感じになるのでは」と言っていただき、一緒に演るプレイヤーやお客様にも評判が良いので、これからますます楽しみです。

ただ、そろそろ第一印象の良さのみならず、「ここの音のこのツボには、ちょっとハマりにくい」「こういうフレーズ吹く時にちょっと抵抗感が強く感じて、無理やり吹き込んで鳴らそうとしてしまう」みたいな、「言うこと聞かない感」が出てきてます。

毎日丁寧に、息吹き込んで鳴らして育てていかないと、ですね〜



http://rappappaneko.hatenablog.com/entry/2016/08/31/173213


↑前回のブログを見ていただくとわかるのですが、バックのオリジナルのケースがカッコいい!

見た目クラシカルなスーツケース仕様で、重厚で頑丈。

しかしながら…重い!ショルダーに出来ないので、どうも持ち運びには不便なのです。


トランペットとは形が違うので、愛用のシングルケースにはつかえてしまって入らない。

ダブルケースとトリプルケースには入るけれども、コルネット1本持ちの時には不向き。

そしてこれ以上、ケースを購入して増やしたくない…


前に使っていたショルダー持ちのトランペットシングルケースは、中に空間の余裕があってコルネットの形でも入るので、ウレタンやクロスをクッションに作って、改造することにしました。

どうなるかは、続報乞うご期待。



それと…バックの楽器が初めてなら、バックのバルブオイルも初めてで、これがなんとも言えず匂いがキツい。

灯油かガソリン?系のアブラ臭い匂いで、今までの他のメーカーではあんまり無い感じです。

揮発性も高いのか、わりとすぐにバルブが乾いて動きが悪くなるので、しょっちゅうオイルを差さなければいけない印象です。

(まだ新しいので、油分が金属に馴染んでいないのもあるかもしれないけれど…)

これを使い切ったら、他のオイルを試すつもりです。



(筆者近影、先週末の京都にてJazz at Sanjo)

f:id:rappappaneko:20160928154215j:plain

f:id:rappappaneko:20160928154338j:plain