rappappanekoの日記

松原あおいのトランペットよもやま話

新しい楽器

この夏今月の初めに、ついに新しい楽器がうちにやって来ました!

仕事柄、楽器屋さんにはよく行くし、生徒さんの楽器を選びに行ったりもするので、マウスピースや楽器の試奏も、機会があればしています。

でも、新たに楽器を購入するのは、何十年ぶりになる勢い。


近頃は、ネットや通販を利用して楽器をチェックして、マメに楽器を売買する方もいて、そういう流れには全く乗っていない私です。

たまにネット上の中古楽器なども見てはいたものの、気軽に手に手を出すのはなんとなく気が乗らない…


単純に資金不足とも言いますが、なんだか、私にはコレクター気質は無いようで、せっかく買うならとにかく実際使えて自分の気に入るものを、と思ってるんですね。

よく言えば、「少数精鋭」ということで。


実は今回買ったのは、トランペットではなくコルネット、それもロングタイプという一般には少ない種類。

ロングコルネットは、ある意味時代の産物である型の楽器で、私が演っているアーリージャズ(オールドジャズ)では、よく使われます。


f:id:rappappaneko:20160831173046j:plain


しかも、Vincent Bach製。

私はバックの楽器には縁が無くこれまできたのです。最初に楽器を買う時も、楽器店で試奏させてもらう時も、どうも相性が良くない感触で…ヘヴィーで、鳴らすのにパワーが要る、コントロールしにくい、という印象を持ち続けていました。

ところが今回のコルネットは、低音から高音までよく響き、音程もしっかりハマる。サウンドも輝きと深みがあって、歌い易い。


f:id:rappappaneko:20160831173148j:plain


ほとんど、一目惚れのノリで購入を決めました。

ただなぜか、マウスピースのフィットが良くなかった。(楽器とマウスピースで同じメーカーで、ちゃんと嵌らずグラつきがあるのは、どうなんでしょう???レアケース?)

輸入元に送り返してリペアで診てもらったり、結局マウスピースを選び直したりで、手元にやってくるのに10日間ほどかかりました。


楽器を入手できた次の日にライブがあって、いきなりですが使ってみました。

本当は、せめて1週間ぐらいでも吹き込んでからデビューさせたかったんですが…おニューを試す(見せびらかす?)誘惑には勝てず。

周りの評判は上々で、やはりアーリージャズには合うのかもしれません。

その後も8月は本番で2回使い、しばらくトランペットをメンテナンスに出すので、9月はコルネットに専念して、本格的に鳴らして育てていく計画です。


お気に入りの一本に出逢えて、良かった!

1年以上前から、こだわって探して入荷して下さった、楽器店の担当さんに感謝!です。