rappappanekoのらっぱ日記

松原あおいのトランペットよもやま話

久しぶりのライブハウスにお邪魔してきました

かつて10年間ほど、ほぼ毎月出させていただいていた、トラッドジャズの関西の老舗。ここで毎回40分間×3ステージ、育てていただいたお店です。お店のマスターやスタッフさんには、感謝しかないですね!


いろんな思い出があります。

このお店でライブをさせてもらえるのが本当に嬉しくて、レギュラー出演が決まった時には、両親が聴きに来てくれました。

最初の頃は本当に毎回大変で、レパートリーは足りず、スタミナ切れで3ステージ目はどうやって乗り切るかで精一杯

今の私のスタミナもレパートリーも、ここでの経験がモノを言ってます。演奏時間トータル2時間を目標に、頑張り続けた日々!


私の教室の、年配の生徒さんたちはよくライブを聴きに来てくださいました。

年下の生徒さんたちを連れて、ライブを聴きに来たりもしました。

このお店でお知り合いになって、その後もお付き合いのあるミュージシャンやお客様もたくさんです。

多くの企業関係の方や文化事業などされている方も、多くいらっしゃるお店です。お店の雰囲気やサービス、マスターのお人柄がお客様を惹きつけるものがあるんだと感じます。

一度など、演奏の合間にお話しした方が千日前にある国立文楽劇場の支配人をされていて、私たちの演奏を気に入ってくださって、バンドメンバーを文楽観劇とお食事に連れてくださったことも!

私が参加してここへレギュラー出演していたバンドを辞めるひとつのきっかけになった事件?!も、ここで起きたな~


f:id:rappappaneko:20180321135804j:plain

関西の主なトラッド系バンドがほとんど出演する場所なので、自分が出演しなくなっても時々聴きに来ています。

生活が変わってちょっと足が遠のいた時期もあるものの、聴きに来ると何故か「ホーム」な感じがします。

この日も、当然のように?!セッションに参加させていただきましたが初心忘るべからず。

そしてこの春、またこちらでライブをさせていただけるお話があり、メンバーとして今からとても楽しみにしているところです。


ふと思いついてこのブログ記事を書きだしたのが、このライブハウス近くの珈琲店で、いろいろ当時の気持ちを思い出しておりました。この珈琲店も、出演前によく立ち寄っていて、譜面を読んだり本番のイメージトレーニングをしたりしてました。

ちょっとお高い値段も、リーズナブル。サービスが良いし、美味しいし、本番前の緊張のひと時を独りで優雅に過ごせるのが、私は好きですね。

久しぶりにライブへ行く前に同じ珈琲店に来て、いろいろ想いが、込み上げてくるものがありました。

f:id:rappappaneko:20180321135844j:plain



この記事に出てくる、老舗ジャズライブハウスは「ニューサントリーファイブ」、そこで来たる5月27日(日曜)にライブを開催するバンドは「大阪ホットキャッツ」、私がライブ前によく立ち寄る珈琲店は「神戸にしむら珈琲店 梅田店」です。



先週は、ライブハウスにも何度か出かけ、メールやネットでもミュージシャンとのやりとりが結構あって、自分企画イベントへのスカウト業務がメインであった

今週からまた私自身の本番がしばらく続くので、スタミナアップと、譜面や音楽に集中したい!

f:id:rappappaneko:20180321143537j:plain