rappappanekoの日記

松原あおいのトランペットよもやま話

プレイヤーとして、講師として

今年も半分が過ぎようとしています。

2017年上半期は、トランペット教室の発表会もありました。

また演奏活動も、関東方面遠征に依頼演奏、招待演奏、定例の自主企画イベント、などなど様々あって、生徒の皆さんにも聴いていただく機会も多かったです。


自分自身のプレイヤーとしての課題を、「基礎となる良く響くサウンドを、正しい音程感の上に作り上げる」「様々なジャンルの音楽に対応する」「ライフワークであるトラディショナルジャズの研究」とはっきりさせて、日々の練習をするようにしています。

特にここ最近は、プレイ時間を多く摂って、スタミナアップを図るようにしています。

また、個人的に自分も師匠についてレッスンを受ける機会を設けています。


f:id:rappappaneko:20170630235948j:plain

(写真は、明日の本番の練習中。

トランペット、コルネット、フリューゲルホルン、各種ミュート)



自分自身の向上を常に忘れずに精進することが、レッスンの時に生徒の皆さんのためにも役立つと、気づくことが多い近頃です。


今年の後半も、大きい演奏旅行が複数決まりつつあり、自主企画イベントはバックアップを得て初の試みも控えています。

また、去年初めて開催したトランペット教室全体の合同レッスンも、行う予定です。レッスンの内容も、基礎力や音楽性をアップするカリキュラムを準備しています。


また少しずつ、このブログでもまとめていければ、と考えているところです。


松原あおいの活動情報については、Facebookを参照ください

https://m.facebook.com/aoi.matsubara.75?ref=bookmarks