読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rappappanekoの日記

松原あおいのトランペットよもやま話

或る日のレッスンノート

*は、ひとこと解説です。



5/21(土)10:30〜12:00 大阪難波教室 週末組 

*グループレッスンは90分/月2回で、現在、週末組(主に土日祝の午前中)と、平日組(平日の夜)の2クラス開講中


〔10:30〜 10分間〕

チューニングをC音で。ピアノの音に合わせて、チューニングメーターで1人ずつでも確認。体が固まらない範囲でブレスをたっぷり吸うように心掛ける。

*このクラスの生徒さんたちは、ほぼ毎回レッスン前に各自音出しをしてくれているので、ある程度口もほぐれている状態でレッスンスタート出来ます。助かる〜


〔10:40〜 10分間〕

基礎練習 ロングトーン ♩=80で16拍(8拍クレッシェンド8拍デクレッシェンド) 真ん中G音から音階でチューニングC音まで順番に。音の出だしや終わりが曖昧になったり、途中で音程が不安定になったら、1人ずつでも演ってチェック。

*オリジナルの基礎練習はいろんなパターンを用意していますが、ここ最近は「楽器の鳴りのキャパシティを感じ取る」という意味で、ダイナミクス(強弱)の練習をしています。


〔10:50〜 35分間〕

基礎練習『アーバン金管教本』の最初の練習曲#28(6/8拍子) 半音階#3(一段1フレーズずつ分割して) 1人ずつチェック→#28完了、#3次回再トライ。

*やはり王道の「アーバン」は誰もが必ず通る道。初心者向けに簡単にアレンジしたバージョン(輸入版)を一通り終えて、標準版に挑戦しているのですが…これは真剣に取り組むと、かなり手応えあります!


ーーー休憩11:25〜  10分間ーーー

*こちらの教室はカフェでもあるので、レッスンはワンドリンク付き!音楽談義しながらひと息入れます。トランペットは常に"バテる"楽器なので、こういう時間も重要ですね。今日の話題は、たまたま教室にあった管楽器専門誌『パイパーズ』のバックナンバーより。


〔11:35〜 15分〕

レッスン課題曲「But Not For Me」CD伴奏に合わせて1人ずつ挑戦 →難易度高くて苦戦…

*グループレッスンでやる課題曲は、原則として2ヶ月で2曲。生徒さんたちの希望曲も取り混ぜて、CD伴奏付きを1曲+ピアノ伴奏やアンサンブルアレンジものを1曲。ジャンルは、ポピュラーにクラシック、ジャズと幅広いです。


〔11:50〜 10分間+α〕

レッスン課題曲「When The Saints Go Marchin' In」メロディーに合わせる伴奏パートを作ってくる課題の説明

今後の課題曲の希望を聞く→"ディキシーランドジャズのレパートリーを増やしたい"  "流行りの曲よりもオシャレなジャズを演りたい"

*このクラスのレベルと希望にあるような曲集を、次回までに探して提案する予定です。



生徒さんたちは日々忙しい中で個人練習を重ねてきているので、レッスンで1曲でも出来が良いとやっぱり嬉しいものです。

そういう"やりがい"の経験が、発表会などの節目でも、必ず感じられる瞬間があります。

それを感じてしまうと、教える方としても"やめられまへんな〜"となるわけです。


f:id:rappappaneko:20160521225425j:plain

f:id:rappappaneko:20160521225503j:plain



こちらののトランペット教室の会場「ミュージックラフト」(大阪難波)の情報は↓

http://jazz.saloon.jp/web/musicraft/



管楽器専門誌『パイパーズ』の情報は↓

http://www.pipers.co.jp