rappappanekoのらっぱ日記

あおいのトランペットよもやま話

エピソード・雑記・雑学

ミニコラム My Favorite Things

久しぶりに軟派な話題を。(あ、そうでもないか。。。) リラックマがお気に入りなのですが。 音楽関係だと特に目が無くて… ちびぬいぐるみたち 左上:10周年記念らっぱリラックマ。その姿勢ではらっぱは吹けません~ 右上:バンジョーリラックマ。ディキシ…

ミニコラム 「音の日」にちなみまして

12/6は「音の日」だそうです。発明家トーマス・エジソンが、初めて蓄音機による録音と再生に成功したことに因んでいるとか。蓄音機ではないですが、小ネタをひとつ。私がやっている音楽が音楽なもので、古い音源を探したりもするのですが、このLPレコード↓コ…

音楽図書紹介 2018読書の秋編 3冊

今週のお題「読書の秋」就寝前は出来るだけデジタルデトックスを…ということでコレ。「なつかしのジャズ名曲CDブック」国宝級ジャズクラリネット奏者 北村英治さんによる本。音を聴いちゃうと興奮して眠れなくなるので、寝る前は本だけ。戦後の日本のジャズ…

ミニコラム コロネとは

コンビニで見つけて買っちゃいましたよ、コロネ。 角状にくるくる巻いて焼いたパンに、クリームを詰めた菓子パン。小さい頃もけっこう好きでしたね。 このコンビニには、全部で3種類くらいイチゴのとかありました。 よーっく見ると…英語で Cornet って書いて…

アルバム買っちゃいました!

ついに買ってしまった、アナログレコードSP盤のアルバム。 今まで、LP盤は買ったりして持っているんだけど、78回転SPは、初めてです。 SP時代の音楽って、実際の生演奏はどうだったかわかりませんが…3分間の中に良いとこぎゅっと閉じ込めた、濃いプレイで好…

Bugler’s Holiday

「Bugler’s Holiday」とは、ルロイ・アンダーソン作曲のトランペット独奏のための曲目。「トランペット吹きの休日」の日本語タイトルで知られています。 私のトランペット教室でこの秋は、“トランペットのために書かれた” “クラシック音楽”を課題にしている…

ミニコラム とあるテレビ番組を観て

マツコデラックスさんは、いろんなジャンルの話題にそれぞれ、造詣が深い方だと常々感じていたのですが… ちょっと前に観た、とあるバラエティー番組にて、マツコさんが銀座ヤマハのお店を訪問されているシーンがあり。 ピアノ売場で、 「ピアニストといえば…

ミニコラム 憧れのトロンボーン

トロンボーンっていうのは、昔から私の好きな楽器です。 音が良い。説得力のある響き、スライドゆえの歌い方の妙。 トロンボーンのハイノートって、官能的でなんとも言えないアピールがある、と思うのです。(トランペットのハイノートは、カーンと硬質の緊張…

ミニコラム 夏休みの思い出

夏休みと言えば…中学高校と部活ブラバン少女だった私。夏の風物詩、吹奏楽コンクールが終わるまでは、毎日学校でらっぱ吹いてました。その間に両親が泊まりでどこかへ出かける場合は、その間近くの祖母の家に泊めてもらってまで、やはり部活に勤しんでおりま…

ミニコラム マルディ・グラ・ビーズ

前ミニコラム 「謎のらっぱ」の実質続編。ジャズ生誕の地ニューオーリンズのお祭りについて。そういえば8月のニューオーリンズといえば、サッチモ・サマー・フェスですね。空港の名前にもなっているジャズトランペッターにしてエンターテイナーの、サッチモ…

ミニコラム 謎のらっぱ

大阪でもトランペットレッスンをしているのですが、そのお部屋の飾り。もともとトラッドジャズ好きのオーナーさんが始めたお店なので、なんとなくインテリアがニューオーリンズしてます。で、これはそのニューオーリンズのお祭り「マルディ・グラ」で飾られ…

ジェンダーとトランペット

偉そーなタイトルで大仰なことを言うつもりではないですが、ちょっと怒りが湧いてきたので。ニュースで某医大の、入試結果の不正操作について知りました。女性の受験者を意図的に受かりにくくするようにしていた、という内容です。この手の話題は、タブーと…

青空市場

最近、音楽仲間とメッセージをやりとりしている中で「らっぱで周りの人を元気付けてあげて下さい」と。お互いの安否を確認する中での言葉でした。大阪北部地震に続き、西日本での豪雨、異例な台風による被害と、この夏はこれまでに自然災害が続いています。…

ミニコラム 気をつけましょう!

普段は自室でらっぱ練習しているのですが、滅多にやらないポカをして、楽器を床に転かせてしまったことがあります。今から2年前、家もまだまだ新しく、楽器は買ったばかりの頃。不幸中の幸いなことに、バックのコルネットのボトムキャップの部分で、角の部分…

バーンスタイン生誕100年記念に思う

昨年の7月連休には、演奏旅行で、人生初の北海道を楽しんでいたな~と思い出す今日この頃。たまたまなんですが、札幌での宿の近くの公園内に音楽ホールがあり、“バーンスタイン・プレイス”と呼ばれる銅像がある一角が、美しい緑の中にありました。ニューヨ…

ミニコラム これもらっぱ!

京都の祇園祭には、前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)が数年前から復活開催されています。昨日は、後祭の山鉾巡行を観に行ってきました。 京都生まれ京都育ちの私は、宵山などは子供の頃から夜の繁華街をそぞろ歩いたりして楽しんできたものの、“祇園…

ミニコラム 番外編 気分を上げる

今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」 「今週のお題」に因みまして… らっぱ上達に王道は無し、毎日吹くが基本。 やれば何かしら見えてくるものあり。そんな時は、自分の成長を感じて充実感溢れる。 しかし人生山あり谷あり、何をやっても、押し…

ミニコラム らっぱの形

これもらっぱ型なんですよね、蓄音機。とある博物館にて。この形が、音を拡声するためには、やっぱり一番良い形で合理的なのでしょうね。 メガフォンとか拡声機とか。

ミニコラム らっぱ in インスタグラム

面白いインスタグラムのページを見つけたので、ちょっとご紹介。「たぶん僕は、新しいマウスピースを使った方が良いんじゃ…」「ロングトーンしろ!」↑これは声出して笑いました~うちの生徒さんたちに見せたいっっ!!!「音のピラミッド」何このヒエラルキ…

スポーツとトランペット④

サッカーワールドカップロシア大会も終わりましたね! 今回も熱心にテレビ観戦して、「らっぱ目線のサッカー観戦」というミニコラムも、シリーズ化して???3回もアップしてしまいました… 「スポーツとトランペット」というタイトルで記事を時々書いており…

ミニコラム らっぱのマーク

…と言っても、某胃腸薬の話ではありません。うちの車の話です。 クラクション、よ~く見るとらっぱのマークです♪

ミュートの修理①

いろいろ持っているトランペットのミュートについても、書いてみたいなと思いつつ… 目の前にあるので、コルクの欠けが気になったのを修理してみることに。 たぶん高校生の頃に買ったカップミュートは、オリジナルのコルクが「欠けてるな~」と思っていたら、…

ミニコラム 追記again らっぱ目線のサッカー観戦

●準々決勝 スウェーデンvsイングランドたぶんイングランドサポーターいわゆるフーリガン? トランペットでアース・ウインド・アンド・ファイアを奏でる、これまた庶民的な、我々日本人にとってはプロ野球観戦を思わせる応援。おっさんたちが上半身裸でタオル…

ミニコラム お気に入りTシャツ

らっぱ柄音楽柄Tシャツはいくつか持ってますが、これはお気に入りの一枚。どうもロータリー式バルブのトランペットに見えるんだけれども…主にクラシック音楽のドイツ系オーケストラで使われるやつね。 おまけ:音楽リラックマ、ちょっぴりロックテイスト?

ちょっぴり早い、夏休みならぬジャズ休み

素晴らしい音楽体験をしてきました!普段、自分の本番やレッスンのお仕事以外でも、演奏を聴きに行ったりセッションに参加したり、いろいろするようにしています。一人で練習しているだけでは、実際の音楽に繋げていくのは、なかなか難しい。イメージやアイ…

ミニコラム ドライブ中に発見

たまたま信号待ちの車の中で、見つけてしまった…トラック右前輪の後ろ辺りです。※私は、左ハンドルでは無い車の助手席にいたので、スマホ操作しながらの運転ではないです!よく聞くトラックのホーン(クラクション)は確かに「パーン!」「ファーン!」って…

ミニコラム らっぱ目線のサッカー観戦 追記

●テレビ映像で観客席に、ポケットトランペットを吹く人を発見! その他の楽器は今のところ、前に挙げたトランペット、トロンボーン、太鼓類の他に、サックス(一瞬の判断ではアルトと思われる)、カズーみたいな音の笛類(ブブゼラでは無い、何かファンファ…

ナカリャコフbefore→after

誰か好きなトランペットプレイヤーについて書くとなったら、ルイ・アームストロングとマイルス・デイビス、モーリス・アンドレ、ウイントン・マルサリスあたりを挙げます。我ながらベタ過ぎですが。。。以前はもともとクラシック音楽を勉強していたこともあ…

ミニコラム らっぱ目線のサッカー観戦

ただいま開催中のサッカーワールドカップ、アフリカチームの応援は、ブブゼラっぽい音がしている気がします。ただし、音はすれども姿は見えず、映像では私は未確認です。 rappappaneko.hatenablog.com セネガル−ポーランド戦の時ですが、客席でトランペット…

ミニコラム 気になるらっぱ

先月、姪っこの誕生日パーティーにお呼ばれした時の、お祝いの飾り。可愛い。…しかし気になるのは、このシルエットはトランペットではなくてコルネット、しかもどうもロングタイプっぽい。そして何故に、逆さまの状態で吊り下げられるスタイルなのか?もちろ…